« 2008年6月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

「水浜電車」の本 探しています

2-3年前に出版された「水浜電車」新書版の本を探しています

浜田小の4年生の子供たちが、「水浜電車」の事を調べています。多分2

003年に刊行された本だと思いますが、茨大か常磐大の先生の著書で、

表紙に電車・ブルーのカラー印刷、本町3丁目・旧五町目がよく写って

いました。アマゾンや図書館や書店を探しても見つかりません。ご存知

の方は221-3951あらいまでご連絡ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月、10月の「にぎわい名画座」メニュー

9月-10月の「にぎわい名画座」メニュー<入場無料>

100インチスクリーン・サラウンド5スピーカー

第1・第3日曜日 午後1時30分から文庫にて

第27回 9月7日(日)小津安二郎監督2本立て

     昭和10年「東京の宿」サイレント・サウンド作品・岡田嘉子、坂    

     本 武、突貫小僧

     昭和11年小津監督はじめてのトーキー作品「一人息子」飯田  

     蝶子

第28回 9月21日 昭和28年・溝口健二監督「雨月物語」京マチ子、 

              田中絹代、森雅之、小沢栄太郎、水戸光子

第29回 10月5日 昭和17年・小津安二郎監督「父ありき」笠智衆、

                  佐野周二、水戸光子、佐分利信

第30回 10月19日 昭和30年・溝口健二監督「新平家物語」市川雷 

               蔵、久我美子、小暮実千代、中村玉緒

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9/28「温故知新で歩く会」

9/28「温故知新で歩く会」開催します。

ルートは、ピョン太文庫-常照寺-薬王院-別春館-吉田神社-備

前掘-文庫(歴史にそったテキストつくります、下市について、少しお話

のできるようになりたい、郷土の話題を持ちたい方への第1回目です。2

回目は11月の初めを予定しています。)

お問い合わせは、ピョン太文庫・事務局 電話221-3951あらい・サラダ

館水戸本町店までどうぞ★脚力に自信のない方や、お体の不自由な

方には、セニアカー・電動スクーターの用意もございます。 

参加料は保険代・おにぎり代で、500円。午前9時30分集合になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再度、9/6野外映画会に挑戦 9/7は「にぎわい名画座」

9/6 野外映画会に挑戦

8/24日曜日、ピョン太文庫では、けんしん下市支店わきの駐車場で「星

空映画祭」とバーベキュー大会を予定していましたが、あいにくのお天

気で、ピョン太文庫の屋内に場所を変更してしまいました。

私たち「水戸下市かえるタウン交流の会」の会員・特別顧問の筑波大

学大学院の蓮見先生が、もう一度野外映画会をやろうということで、 

9/6土曜日の夜、チャップリンの「モダンタイムス」「ライムライト」の2本を

用意しました。

場所は本町3-10-33ピョン太文庫わきのスペースです。暗くなり次第始

まります。今回も雨天は屋内になります。

ついでに9/7、第1日曜は午後1時30分より、「第27回にぎわい名画座」

で、小津安二郎監督の2本立て、昭和10年・岡田嘉子の「東京の宿」サ

イレントサウンド作品と昭和11年小津初めてのトーキー作品「一人息 

子」飯田蝶子主演を上映。

昭和6年に日本でトーキー映画が初めて作られましたが、小津安二郎

は昭和4年から監督をはじめ、11年になるまで無声映画を作り続けまし

た。彼が中国戦線へ出征する前のことです。10/5には笠智衆が小津作

品で初主演の「父ありき」を上映します。その後、定期的に小津の制作

過程をたどっていきたいと思っています。

ピョン太文庫・にぎわい名画座に関するお問い合わせは、電話221-

3951サラダ館水戸本町店あらいまで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パソコンサロン時間割変更

ピョン太文庫・パソコンサロンの時間割、一部変更。

午前中を受け持っていた新堀先生が、友部へ転居したので、土曜日の

午前11時から午後4時の間を受け持つことになりました。

したがいまして、現在午前中の時間はパソコンボランティア募集中で

、パソコンサロンは午前の部・休止になっています。

お問い合せは、電話221-3951事務局あらいまで(サラダ館水戸本町店

あらい陶器)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年9月 »