« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

足立巻一著『人の世やちまた』より

足立巻一著『人の世やちまた』1985年編集工房ノア

刊より※著者はこの本のあとがきを書くことなく、急

性心筋梗塞で亡くなった、72歳。

著者の中学時にめぐり会った生涯の恩師、教師で

あり歌人であった池部宗七先生の歌

 夕暮れに苺を植ゑ植ゑ終へず雨ふり出でぬぬれ

 つづぞ植うる

 草藪の枯葉そよがしてゐる小鳥日は暮れたるに

 そこに寝るならむ

 吾子(あご)よ吾子よ汝(な)を手打ちたる手のひら

 のひびきを堪へて野を歩みをり  (この先生の

やさしさに、何度読んでも自然に涙がでてきます)

※「やちまた」とは、道がいくつにも分かれた所を

いう。『古事記』のニニギノミコトが天上から降臨

する条に「天の八衢やちまた」と見える。本居宣

長は『古事記伝』でこれを注して「ちまた」は道股

(ちまた)の意とし、・・・『万葉集』の用例をあげる。

その一首は

 橘(たちばな)の蔭覆(かげふ)む路の八衢に物を

 そ思ふ妹に逢はずして(巻二・125)

・・・宣長の長子・春庭(はるにわ)は、その文法研

究書を『詞のやちまた』と題した・・・本書より

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セロ弾きのゴーシュ

セロ弾きのゴーシュ  宮沢賢治 作  茂田井武 絵  福音館書店

10月26日の朝日新聞の読書欄"視線”を見てン・・・?

この絵が載っている本ピョン太文庫にある!!

病気の野ネズミの子に弾いてあげる絵なんかとぼけているけど幻想的。

賢治の作品についてよく言われる理屈なんか吹き飛ばしちゃいます。

これはピョン太文庫オープンの時の寄贈本です。

Sさん、すてきな本をありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/18 吉田神社秋季例大祭に野外映画開催

10/18~19 吉田神社秋季例大祭「下市のお祭りだ

happy01

ピョン太文庫では、18日(土)午前11時~午後2時ま

で商店街のおかみさん会が「チヂミ焼200円」を売り

ます。午後2時から4時ごろにかけては、祭礼の行

列と山車が7台にぎやかに通ります。

ピョン太文庫前の「一品・吉久保酒造」では、居酒屋

をオープン。お酒とおつまみの大サービス。多分無

料ではないでしょう。

居酒屋のスペースで、「ザッツ・エンタテインメント」「

チャップリン」の野外映画会も開催します。

映画会は無料ですから、皆さんぜひおいで下さい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ノーベル物理学賞を目指す君たちへ

ノーベル物理学賞を目指す小学生諸君、ピョン太

文庫にピッタリの本があるよ。「お父さんが話して

くれた宇宙の歴史(1)ビックバン」という本で、読み

やすくて、とってもわかりやすいです。宇宙の成り

立ちから、クォーク、電子、ニュートリノ、陽子、中

性子なんてお話まで出てくるよ。広ーい宇宙が原

子なんて一番小さな単位からできるとは驚きです

よ。タイムリーな本を読んで君も明日の物理学者

を目指そうじゃないか!1冊しかないから早い者

勝ちですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

火曜日(10月は)に「新パソコンサロン」オープン

★本日、最新パソコン到着。ビスタが2台(モニター

は19ワイド)になりました。お年寄りでも、大きい画

面でよく見えるようになりました。★本日からパソ

コンボランティアに、新しく大山さんが加わりました。

10月は毎週火曜日に、まったくパソコンにさわった

ことのない人に、その楽しさや便利さを体験できる

ように、教えてくれるそうです。これは、我々が今季

の新メニューに加えた、パソコンの使い方を憶えな

くてはと参加するのではなく、「パソコンなんかとて

も無理だ」と敬遠する人に、別な入口・趣味とか自

分の好きなものについて知りたい事を検索から探

し出す、ボランティアの人がその手伝いをする、と

いう事にピッタリなわけです。PRの仕方に工夫が

要りそうです。乞うご期待!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「放課後宿題クラブ・寺子屋」は「共ともに育そだつ塾」に

昨日から本格的にオープンした「放課後宿題クラブ

・寺子屋」は「共ともに育そだつ塾(きょういくじゅく)」

とします。月・水・担当の森さんが以前この名前でや

っていたということで。きのうは浜田小の3年生が5人

やってきて、にぎやかに宿題をやっていました。ピョン

太文庫の前に看板をだして、通学路になっている中学

生にもわかるようにします。

さて明日は何人集まってくるでしょうか、おたのしみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピョン太文庫に水戸学・地元学のアヴィニョン西宮文庫オープン!

ピョン太文庫に水戸学・地元学のアヴィニョン西宮文庫オープン!

昨日、にぎわい名画座の後、西宮館長と伊藤さんと新井の3人で文庫

内の一部を模様替えして、以前に寄贈された新しい本棚(アヴィニョン

西宮文庫)を置きました。西宮館長がこれまでに集めた、水戸関係の書

籍・資料を100冊余収めました。なぜ「アヴィニョン西宮文庫」かといえ

ば、西宮館長の娘さんのところが水戸でも有名な「洋菓子のアヴィニョ

ン」であります。11月の文庫の周年イベントには、毎年大きなDケーキ

をアヴィニョンからプレゼントしていただいています。今年も11/16の3

周年記念には、大きなケーキを、勝手に予約しています。

それに西宮館長は、月2回のにぎわい名画座の時も、必ずアヴィニョン

のお菓子を映画の前に、集まった皆さんに差し上げています。

水戸の周辺に何軒か「アヴィニョン」のお店がありますので、皆さんもぜ

ひご利用ください。

水戸イデオロギー―徳川後期の言説・改革・叛乱 Book 水戸イデオロギー―徳川後期の言説・改革・叛乱

著者:J.ヴィクター コシュマン
販売元:ぺりかん社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

桜田門外ノ変〈上〉 (新潮文庫) Book 桜田門外ノ変〈上〉 (新潮文庫)

著者:吉村 昭
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピョン太文庫「放課後クラブ・寺子屋」今日から改めて始まるぞ!

ピョン太文庫「放課後クラブ・寺子屋」今日から改めて始まります。

10/1は、森先生が急用で欠席したので、期待して来てくれた皆さんごめ

んなさい。

今日午後4時から、毎週・月曜と水曜は森先生が担当してくれます。木

曜は、ピョン太文庫の事務局あらいが担当します。火曜日も店番ボラン

ティアの小野さんが夕方開けてくれますので、どうぞご利用ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はなびのよる

はなびのよる  梅田俊作・佳子/作絵    佼成出版社

土浦の花火大会も終わりました。行けなかった人はこの本を。

今夜の港のはなびまつりにトラックでつれていってやるといっていた

とうちゃんはまだ帰ってきません。遠いけど待ちきれない弟と妹を

連れて出かけます。去年の花火大会を思い出しながら、

つきみそうが咲くじぞうとうげをくだります。(この場面がとてもきれい)

遅くなったけどはなびは楽しめたのですよ、とうちゃんやかあちゃんと

一緒に。星降る夜空が帰る親子を照らします。

はなびのよる  /梅田俊作/作絵 梅田佳子/作絵 [本] はなびのよる /梅田俊作/作絵 梅田佳子/作絵 [本]
販売元:セブンアンドワイ ヤフー店
セブンアンドワイ ヤフー店で詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よるのおさんぽ

よるのおさんぽ    文・坂本 純  絵・金 斗鉉  講談社

ねむれない夜、パパはけんちゃんをお散歩につれていってくれます。

赤いジャンパーを着て、パパの左手をしっかりにぎって。

目だけがひかる黒猫、だれもいない公園、夜空の雲。

とちゅう販売機でつめたいジュースをはんぶんこしながら歩きます。

・・・そういえば・・・おかあさんがいってらっしゃいっていうシーンがなかった・・・

子どもにはこんなお散歩があるのかもしれません。

よるのおさんぽ (講談社の創作絵本) Book よるのおさんぽ (講談社の創作絵本)

著者:金 斗鉉,坂元 純
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピョン太文庫≪寺子屋≫白川 静「常用字解」より

白川 静「常用字解」より

1946年11月の内閣告示(占領政策)により、1850字の「当用漢字表」が告示され、戦後の国語教育が始まった。50年も経過すると、古典語で詠まれる短歌が、現代仮名遣いで表記されるようになっていた。1981年に「常用漢字表1945字」が内閣告示された。95字が追加されただけ。

「犬」を字の要素とする、器の大は犬、臭の大は犬、類の大も犬、戻の

大も「犬」なのに、手足を広げて立つ人を正面から見た形の「大」に、理

由のない変改で、字形本来の形を表現できなくなった。しかし、「就」や

「伏」はそのまま残っている。害・告・舎の字も、すべて口に縦の線?が

付いていた。3000年の歴史、天下公行の文字を正当な理由もなく歪め

ている。

白川先生は、「常用漢字表」の前文において、古典や専門分野におい

てはこの改定は及ばないとしているが、新聞などはこれにならい自由

な漢字使用ができていないと怒っている。

権力におもねるジャーナリズム優等生集団の本性は、やはり戦前より

戦後に受け継がれていた。終戦とともに朝日新聞社を退社して、故郷

秋田へ帰り「たいまつ」をだし続けた、むのたけじも別なところで言って

いた。3世国会議員の河野太郎も自らのメルマガで、外務省の記者クラ

ブの不注意・無関心ぶりにあきれていた。

sunpaper今日の「ピョン太文庫・寺子屋」はせっかく表記の辞書まで持って行

ったのに、参加者なしでした。おじさんは、happy01君たちがやってくるのを辛

抱強く待っているぞーrain

戦争絶滅へ、人間復活へ―93歳・ジャーナリストの発言 (岩波新書 新赤版 1140) Book 戦争絶滅へ、人間復活へ―93歳・ジャーナリストの発言 (岩波新書 新赤版 1140)

著者:むの たけじ,黒岩 比佐子
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »