« 2009年2月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年3月

放課後クラブ「共育塾」新年度募集・参加無料

ボランティアで運営している「放課後クラブ・共育塾」が4月から

の新年度生のための「お試し塾」と説明会を開催します。

3/26、3/27、3/30、3/31、4/1の5日間、毎日午後2時~3時ま

でが新小学5年生までの子供さんが対象(内容は算数・国語の

復習とつまづき、あともどり学習を)、午後3時から5時までが新

小学6年生と新中学1年生が対象(小学6年までの算数の復習)

となります。いずれも参加無料です。4月以降はテキスト代が実

費かかります。塾長の森秀樹さんは以前、水府橋の近くで「大

杉山クラブ」という塾兼フリースペースを運営していた方で、市

内若宮町に在住。忙しい中をピョン太文庫に協力していただい

ています。森さんの話を聞いて驚いたことがあります。彼は、自

宅近くの那珂川や桜川の土堤の上の遊歩道が通学路にもなっ

ているのに、犬を散歩させる人が残す犬の糞があまりにも多い

ので、定期的に糞掃除をしているというのです。犬の糞ばかり

でなく、子どもたちはしっかり大人のやっていることをみていま

す。福澤諭吉は(私事、なぜか小林一茶から河合継之助へ、

次は徳川慶喜へいこうかと思いましたが福澤の偉大さが先に

なり)は「独立自尊」、迫りくる列強を前にして「個人が一人の人

間として自立できなければ、国の独立はおぼつかない」といい

ましたが、1万円札が大変貴重に思える今日この頃、福澤先

生はお札の中でまだまだ渋い顔をしています。

学問のすすめ 現代語訳 (ちくま新書) Book 学問のすすめ 現代語訳 (ちくま新書)

著者:福澤 諭吉
販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1935年(昭和10年)公開 『丹下左膳餘話 百萬両の壺』

1935年(昭和10年)公開

山中貞夫監督『丹下左膳餘話 百萬両の壺』

丹下左膳餘話 百萬両の壺 [DVD] 丹下左膳餘話 百萬両の壺 [DVD]

販売元:Cosmo Contents
発売日:2007/11/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日活のリメイク版・ピョン太文庫に着荷しまし

た。原版モノの『人情紙風船』に比べて画像も

大変みやすく、音声もかなり聞き取りやすくな

っています。左の写真は原版モノDVDで、画像

や音声が昔のものです。リメイク版に、進駐軍

によって切り取られたチャンバラ場面(人を切

り殺す場面は残酷だとカットされた)の幻のフィ

ルムが数秒間挿入されていますが、その落差

に驚きます。中身はとてもまとまっていて面白

いです。アメリカの映画からもかなりヒントを得

、大河内傅次郎も山中貞雄によって喜劇に開

眼したとも言われています。

※東映ヤクザ映画の名監督といわれる『中村

錦之助の沓掛時次郎』『藤純子の緋牡丹博徒』

の加藤泰監督は、山中貞雄の姉の子。山中の

作品には小津安二郎作品とも共通するロウア

ングルが多く、加藤泰の地面すれすれにカメラ

を構える原点がそこに求められると、東映後輩

の鈴木則文監督。

※山中貞雄は1927年4月・17歳で京都第一

商業学校を卒業すると、学校の先輩・マキノ正

博を頼って「日本映画の父」マキノ省三プロへ

入った。シナリオ書きに励み、翌年“嵐寛プロ”

に移籍し、19歳の時に自作シナリオが初めて

映画化され、その後約3年の間に20本も書き

あげた。1927年といえば伊藤大輔監督の

『忠次旅日記』大河内傅次郎主演の三部作が

出現した年で、この映画が日本映画史上の

傑作といわれるように、サイレント映画の表現

が成熟の極みに達した時代だった。

・・・明日に続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年9月 »