« 1935年(昭和10年)公開 『丹下左膳餘話 百萬両の壺』 | トップページ | 10/17-18ピョン太文庫で国際交流まつり »

放課後クラブ「共育塾」新年度募集・参加無料

ボランティアで運営している「放課後クラブ・共育塾」が4月から

の新年度生のための「お試し塾」と説明会を開催します。

3/26、3/27、3/30、3/31、4/1の5日間、毎日午後2時~3時ま

でが新小学5年生までの子供さんが対象(内容は算数・国語の

復習とつまづき、あともどり学習を)、午後3時から5時までが新

小学6年生と新中学1年生が対象(小学6年までの算数の復習)

となります。いずれも参加無料です。4月以降はテキスト代が実

費かかります。塾長の森秀樹さんは以前、水府橋の近くで「大

杉山クラブ」という塾兼フリースペースを運営していた方で、市

内若宮町に在住。忙しい中をピョン太文庫に協力していただい

ています。森さんの話を聞いて驚いたことがあります。彼は、自

宅近くの那珂川や桜川の土堤の上の遊歩道が通学路にもなっ

ているのに、犬を散歩させる人が残す犬の糞があまりにも多い

ので、定期的に糞掃除をしているというのです。犬の糞ばかり

でなく、子どもたちはしっかり大人のやっていることをみていま

す。福澤諭吉は(私事、なぜか小林一茶から河合継之助へ、

次は徳川慶喜へいこうかと思いましたが福澤の偉大さが先に

なり)は「独立自尊」、迫りくる列強を前にして「個人が一人の人

間として自立できなければ、国の独立はおぼつかない」といい

ましたが、1万円札が大変貴重に思える今日この頃、福澤先

生はお札の中でまだまだ渋い顔をしています。

学問のすすめ 現代語訳 (ちくま新書) Book 学問のすすめ 現代語訳 (ちくま新書)

著者:福澤 諭吉
販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 1935年(昭和10年)公開 『丹下左膳餘話 百萬両の壺』 | トップページ | 10/17-18ピョン太文庫で国際交流まつり »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056869/28567655

この記事へのトラックバック一覧です: 放課後クラブ「共育塾」新年度募集・参加無料:

« 1935年(昭和10年)公開 『丹下左膳餘話 百萬両の壺』 | トップページ | 10/17-18ピョン太文庫で国際交流まつり »