« 「子ども手当」に反対の市井の人たちへおすすめ・・・ | トップページ | 7/25無料映画会「エリア・カザン監督・欲望という名の電車」 »

またまた普天間基地問題について・「60年安保 半世紀目の問い」

6/14朝日新聞11面「60年安保 半世紀目の問い」で吉

本隆明氏は、

・・・国会に学生たちとともに突入したことは、

個人的にはアメリカに異議申し立てをする最後の機会

とも思っていた・・・戦争中、軍国少年だった僕の中に、

日本を敗北に導いた国だという思いが尾を引いててい

て、そのアメリカに一矢を報いたかった。あの時に起き

た学生・大衆の自発的な行動の渦は、戦後初めて本

格的に実現した、ある種の社会革命だったと思います。

・・・社会にとって、あの闘争の意義は、上からの指令が

あろうがなかろうが行動する、大衆の力を示したことだ

と思います。といって革命を望むわけではない。自分の

日々の暮らしから、考える。その後の高度成長が政治

への無関心を招いたという批判がありますが、いいんじ

ゃないですか。政治や外交の問題を考えるためだけに、

インテリさんはいるのだから。

・・・カネの問題で批判されたけど、小沢一郎さんが100

人を超す議員を引き連れて中国へ行った。あれだけで

すよ、民主党政権がアメリカに衝撃を与えたのは。

 ただ政治の劣化が、大衆迎合のせいだとか衆愚政治

のせいだとかは思いません。なりゆきに従ってしまう面

もあるけど、暮らしに密着して確かな判断もする、それ

が大衆です。インテリの批判で政治がよくなるわけでも

何でもないでしょ。みな同じ重みの一票を持つんですか

ら。

昨年の政権交代も、大衆の力の現れじゃないですか。

生活が苦しくなり、先行きが見えないことに反応した。

何かを変えようとしている点で自民党よりは民主党を

選んだ。もう革命なんかなくても、政権交代している。

大きなところでみれば、進歩といえるんじゃないでしょ

うか。

民主党政権がどの方向へ行くのか、まだわからない。

でも一方向に向かっていないということは、それだけ

政治に様々な人々の考え方を許容する土壌、間口が

広がったともいえる。半世紀をかけ、日本社会が獲得

したものだと思います。・・・といっている。

2010/6/17 No.1994
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━■
10秒で読む日経!視点が変わると仕事と投資のネタになる
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━■
_______
今日のNews
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
●菅直人首相は15日、

沖縄県の米軍普天間基地問題を巡って仲井真弘多
知事と会い、

日米共同声明を踏まえた名護市辺野古への移設案実現に向
けた交渉を本格的に始めた。

だが前政権の迷走で強まった沖縄の反発が
和らぐ気配はない。

日米が合意した8月末までの代替施設工法などの技
術的な検討を終えるメドは立たず、参院選を乗り越えても、

菅政権には
難関が待ち受けている。
「専門家による検討を地元との関係抜きに進めて、

机上の空論にならな
いか」。仙谷由人官房長官は記者会見で懸念を隠さなかった。
日本経済新聞 6月16日 
__________
佐々木の視点・考え方
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
★今回の普天間基地を巡る問題について「

日本に圧力をかけ続ける理不尽
なアメリカ」への憤りを持つ人が少なくない。

ただ、この問題を少し見てみると、アメリカではなく、

日本国内の問題
があまりにも大きい。

2007年5月に麻生、久間、ライス、ゲーツ大臣の2+

2協定で、
今後50年の日米同盟の方針について決めた。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/usa/hosho/2plus2_07_kh.html

ポイントは、以下の5点。
・第3海兵遠征軍をグアムに2014年度までに移転。
・普天間基地をキャンプシュワブに2014年度までに移転
・空母艦載機を厚木から岩国に移転。
・空母ジョージワシントンを横須賀に配備
・航空自衛隊の司令部を府中から横田に移転

つまり、日本からの苦情のため、

海兵隊をグアムとシュワブに移転させ
て普天間の2千エーカーの土地を返還すると共に、

騒音苦情の多い厚木
の戦闘機を配備しなおし、

その穴を埋めるため新規空母配備と航空自衛
隊と共同作戦を取るとした。

尚、普天間基地は(まだ停戦していない)

朝鮮戦争における国連軍の
基地でもあるので、

地理的に朝鮮半島から離れるテニアン等への移転は
合理性に欠く。

そして、日本からの苦情に対応して協定を結び、アメリカは予算を
伴って対応してきた。

しかし、日本は自らの国民の苦情によってこの協定を作ったのに、

アメ
リカは多くの仕事をこなし、

日本は数少ない義務を果たそうとしなかった
(自民時代)。そして、新政権は協定を反故にしようとした。

そりゃ、怒るわな。

最大の問題は、こうした重要な協定と、

その実施状況を国民に知らせて
こなかった外務省と防衛省の仕事にある。

上記のいきさつを国民の多くが、

そして鳩山前首相が前から知っていれ
ば、別の対応が出来たのではないか。

あなたは、このことを知ってましたか?

・・・・知りませんでした。詳しく報道され

ていなかったんじゃないの。(あ)

|

« 「子ども手当」に反対の市井の人たちへおすすめ・・・ | トップページ | 7/25無料映画会「エリア・カザン監督・欲望という名の電車」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056869/35321092

この記事へのトラックバック一覧です: またまた普天間基地問題について・「60年安保 半世紀目の問い」:

« 「子ども手当」に反対の市井の人たちへおすすめ・・・ | トップページ | 7/25無料映画会「エリア・カザン監督・欲望という名の電車」 »