« ゴールデンウィークの名作映画・無料鑑賞会は話題作が続々登場 | トップページ | 5/1 浜田小コミュニティ・ルーム イベント »

オウム真理教の精神史―ロマン主義・全体主義・原理主義

オウム真理教の精神史―ロマン主義・全体主義・原理主義 Book オウム真理教の精神史―ロマン主義・全体主義・原理主義

著者:大田 俊寛
販売元:春秋社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

<いただきもの>

著者は新進気鋭の宗教学者で、先週の

週刊文春の書評欄で立花隆が激賞しています。

《アマゾンのレビューより転載》
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 オカルトファンにはたまらないオウム真理教という名のごった煮スープ, 2011/4/17
By
Gori "the 11" (東京都) - レビューをすべて見る
(VINEメンバー)    (トップ500レビュアー)   
レビュー対象商品: オウム真理教の精神史―ロマン主義・全体主義・原理主義 (単行本)
オウム真理教の思想はどのような経緯で形成されて行ったのか。
キリスト教の異端思想の研究家である宗教学者が書いた本である。
かの教祖にそのような学習の跡が見えるかどうかは別にして、その経緯には
オカルトファンにはたまらない、と言って語弊があるなら、
オカルト的なものがなぜ、どのように、人々に受け入れられて行くものかについての興味のある人には、
あっと驚く(さもありなんという)人の名が次々に登場する。
かの尊師(グル)は、きっと『ムー』の愛読者だったんだろうなあ。
・メスメルの動物磁気
・「反キリスト者・神は死んだ」のニーチェ
・ブラヴァツキー夫人の神智学
・ニューエイジ思想
・トランスパーソナル心理学
・フロイトの精神分析
・フリーメイソン陰謀論
・日ユ同祖論
・ユングの精神分析
・ヒヒイロカネ
・酒井勝軍(さかいかつとき)
・キリスト教原理主義
・ノストラダムスの大予言
・ニーチェとマックス・ウェーヴァー
・ヒトラーと『我が闘争』
・阿含宗の桐山靖雄(きりやませいゆう)
・ヤマギシズム
・精神科医川尻徹の『滅亡のシナリオ』

本書には登場しないがオウムはニコラ・テスラの地震兵器も見に行っているのである。

となると、オウム真理教はあらゆるオカルトを流し込んだごった煮スープであった。
ということになるのである。
そういう事を理解する意味でも、本書は非常に価値が高い。
レビューを評価してください
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

8 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 オウム的なものの系譜学, 2011/3/29
By
ソコツ - レビューをすべて見る
(VINEメンバー)    (トップ50レビュアー)   
レビュー対象商品: オウム真理教の精神史―ロマン主義・全体主義・原理主義 (単行本)
従来の学問的研究はオウム真理教を適切に論じてこなかった。という挑発的な構えから、オウムという戦後宗教史の大問題が発生してくる思想史的なバックグラウンドを論じた非常に興味深い著作である。著者はキリスト教思想史を専門とする気鋭の宗教学者。いわく、オウムはよくいわれるような1970・80年代日本の精神状況の産物ではなく、キリスト教の「鬼子」である「近代」における「宗教」のもつ構造的な「歪み」から生まれてきた、ある種の必然性すら有する申し子である。
ロマン主義・全体主義・原理主義。オウムはこの三要素から説明可能であると著者は断じる。そして、この三つの系譜に属する思想や運動を近現代史のなかからピックアップし、その変遷を辿りながら、オウム以前におけるオウム的な心性の発露の展開を跡付け、考察していく。込み入った言説たっぷりの対象を手際よく整理し分析する著者の堅実な文章により、オウムの特異性とされるものが実は近現代史にありふれた現象や思惟であることがだんだんとわかってきて意義深い。
本書がオウム論の新境地を切り開く力作であることは間違いない。だが、こうしたスタンスがオウム研究にとって生産的な行き方かといえば、疑問である。少なくとも、あの宗教は何であり、なぜあのような事件が起こってしまったのか、という問題を解明するためには、オウム教団の布教・教化や活動・犯罪の実態と、それを時に面白がり時に非難する社会との交渉を、できる限りの資料収集に基づき考えていく必要があるだろう。著者はオウム事件により躓いた宗教学の再構築を志すというが、本書が試みているようなアームチェア宗教学の視野狭窄こそが、宗教学がオウムの危うさを見抜けなかった元凶のひとつではないだろうか。

|

« ゴールデンウィークの名作映画・無料鑑賞会は話題作が続々登場 | トップページ | 5/1 浜田小コミュニティ・ルーム イベント »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056869/39659502

この記事へのトラックバック一覧です: オウム真理教の精神史―ロマン主義・全体主義・原理主義:

« ゴールデンウィークの名作映画・無料鑑賞会は話題作が続々登場 | トップページ | 5/1 浜田小コミュニティ・ルーム イベント »