« 昨日みた映画『サラエボの花』 | トップページ | 昨日みた映画『君の涙 ドナウに流れ ハンガリー1956』 »

5/29無料映画会は『海はみていた』

5/29の絵本交流館・ピョン太文庫

名作映画・無料鑑賞会は

熊井啓監督『海は見ていた』

海は見ていた Music 海は見ていた

アーティスト:サントラ
販売元:(株)カメラータ・トウキョウ
発売日:2002/07/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

清水美砂、遠野凪子、二人の演じる遊女がさっぱり

としていて、観ていて気持ちがたいへんよくなる映画

Amazon.co.jpから

   舞台は江戸時代の深川。そこには、人の良さから
すぐ客にほれてしまうお新(遠野凪子)や、いつもヒ
モの銀次(奥田瑛二)に金を巻き上げられてしまう菊
乃(清水美砂)など、岡場所に生きる遊女たちの姿
があった。やがてお新は不遇な若者・良介(永瀬正
敏)と相思相愛の仲になるが、そんな折り、暴風雨
が深川を襲う…。
   
 黒澤明監督が映画化を進めつつも果たせなかっ
た山本周五郎原作の遺稿をもとに、巨匠・熊井啓
監督が映画化。不幸な境遇を笑顔でやり過ごしな
がら生きる女たちの姿は、初期黒澤映画『一番美
しく』の乙女たちのように健気で美しく、またクライ
マックスの大洪水はそんな彼女たちの哀しみを、
せめて一夜だけでも洗い流してやろうとする作り手
たちの慈愛にほかならない。一見ポジティヴ志向
の極みに思われがちな黒澤映画が、実は究極の
ネガティヴから出発していることを、絶えず負の立
場から人間と社会を追い続けてきた熊井監督が肌
で感知し、その意を汲んで演出したことから、実に
気持ちのいい粋な作品に仕上がっているのだ。
(的田也寸志)

|

« 昨日みた映画『サラエボの花』 | トップページ | 昨日みた映画『君の涙 ドナウに流れ ハンガリー1956』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056869/40100397

この記事へのトラックバック一覧です: 5/29無料映画会は『海はみていた』:

« 昨日みた映画『サラエボの花』 | トップページ | 昨日みた映画『君の涙 ドナウに流れ ハンガリー1956』 »