« サムライ映画特集『最後の忠臣蔵』7/3上映 | トップページ | 5/22の映画会は『炎のランナー』 »

昨日みた映画『幸せはシャンソニア劇場から』

昨日みた映画 2008年フランス映画

『幸せはシャンソニア劇場から』

幸せはシャンソニア劇場から [DVD] DVD 幸せはシャンソニア劇場から [DVD]

販売元:Happinet(SB)(D)
発売日:2010/04/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

1936年パリの下町の劇場が舞台。

1936年といえば昭和11年日本では2.26

事件が起こった年、昭和4年から始まった

世界大恐慌が日本の農村までを覆っていた

不況の真っただ中、映画界では20歳代の

山中貞雄監督が傑作娯楽映画をつくり、

13年に中国戦線で戦病死した。小津安二

郎監督も13年には中国戦線に出征している。

内容紹介(アマゾンから)

そして、幕が開く― 再び笑顔があふれだす。

『コーラス』製作 ジャック・ペラン、ニコラ・モヴェルネ
、クリストフ・バラティエ監督が贈る~笑って、泣いて、
感動できる極上のフレンチ・エンターテインメント!

『コーラス』の製作者ジャック・ペランとクリストフ・バ
ラティエ監督が再タッグを組み、フランスで130万人
の動員を記録した感動作。
経済不況や戦争の影が忍び寄る1936年のフランス、
パリ北部の街角にあるミュージックホールを舞台に、
力強く生きる親子、恋人同士、音楽仲間たちの物語
が華やかな音楽とともにつづられる。歌唱力抜群の
大型新人として注目を集めた20歳のノラ・アルネゼ
デールなど、キャストたちの好演と歌声にも注目。
【ストーリー】
1936年パリ。下町の人々から愛されるミュージックホ
ール・シャンソニア劇場は、不況のあおりで不動産屋
に取り上げられてしまう。劇場の従業員・ピグワル(ジ
ェラール・ジュニョ)は仲間と劇場を取り戻そうと、美し
いドゥース(ノラ・アルネゼデール)の歌声を頼りに再び
公演を始めるが、頼りの彼女もすぐに去ってしまい、
劇場は風前の灯火に…。別れた妻の元に引き取られ
た一人息子・ジョジョにも会うことも許されず、沈むば
かりのピグワルだったが、ある日突然、歌姫として成
功したドゥースが戻ってくると、たちまち劇場に人があ
ふれ、シャンソニアは見事に復活、毎夜満員の華や
かな舞台が繰り広げられる。だが、順風満帆でみん
なが浮かれる革命記念日の前夜、事件が起きた…。

|

« サムライ映画特集『最後の忠臣蔵』7/3上映 | トップページ | 5/22の映画会は『炎のランナー』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056869/39971150

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日みた映画『幸せはシャンソニア劇場から』:

« サムライ映画特集『最後の忠臣蔵』7/3上映 | トップページ | 5/22の映画会は『炎のランナー』 »