« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

6/3㊐名作映画・無料鑑賞会「川の底からこんにちわ」

絵本交流館・ピョン太文庫

6/3㊐午後1時30分~

名作映画・無料鑑賞会

涸沼湖畔、水戸日赤病院、神峰動物園、

その他茨城町水戸市周辺で撮影され、

主演の満島かおりが石井監督と結婚す

るきっかけになった作品。

激賞!!激推薦!!必見の作品です!!!! 

2010年石井裕也監督

「川の底からこんにちわ」

2010年の日本映画。 第19回ぴあフィルムフェステ

ィバル スカラシップ作品であり、日本国外の映画祭

で評価されてきた石井裕也監督の商業 映画デビュ

ー作。 第60回ベルリン国際映画祭のフォーラム部

門の招待作品となった。

あらすじ・・・ 上京して5年目のOL佐和子は、目標も

ない自堕落な生活を送っていた。ある日、父親が

末期がんのため余命わずかだという知らせが入り、

一人娘の佐和子が実家のしじみ工場の跡を継ぐこ

とになる。しかし工場は倒産寸前で、労働者の中年

女性たちからはいびられる毎日。追い込まれた

佐和子は、生まれて初めて自分の人生を見つめ直

すことになる。新人監督の登竜門「ぴあフィルムフェ

スティバル」でグランプリを受賞した石井裕也の商

業映画デビュー作。主演は「愛のむきだし」の満島

ひかり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5/20㊐名作映画・無料鑑賞会「暖のれん簾」

5/20㊐午後1時30分~

絵本交流館・ピョン太文庫

「にぎわい名画座」名作映画・無料鑑賞会

1958年川島雄三監督『暖のれん簾』

出演  森繁久彌・山田五十鈴・乙羽信子

     浪花千栄子・中村鴈治郎・中村メイコ

     山茶花 究 他

『幕末太陽伝』を最後に、日活を飛び出した川島雄三が、

東宝傍系の東京映画で『女であること』(58年)の次に、

やはり東宝傍系の宝塚映画メガホンをとった文芸映画。

山崎豊子の小説「暖簾ム浪花屋利兵衛物語ム」を舞台化

した菊田一夫の戯曲を原作に、八住利雄と川島がシナ

リオ化。大阪の昆布問屋に、淡路島から出てきた少年が

丁稚奉公し、やがて「暖簾」を貰い独立する。夫婦二人

三脚で店を大きくしていくが、戦争で丸裸となる。しかし、

戦地に行った息子が戻って来て、焼け跡から再スタート

する。大阪にある老舗・小倉屋の「をぐら昆布」は、日本

を代表する昆布のブランドとして知られ、暖簾分け制度で、

それぞれが独立している。その中の一店をモデルに描い

た小説はベストセラーとなり、昭和32(1957)年に4月に、

東京日比谷の芸術座のこけら落とし公演で上演されるな

ど森繁久彌は主人公・八田吾平を舞台で演じており、

その映画化として舞台のイメージそのままにキャスティン

グされた。

 三十五銭を握りしめて、淡路島から大阪に飛び出して

きた吾平少年が、ふとしたことで昆布屋の主人・浪花屋

利兵衛(中村鴈治郎)と知り合い、丁稚となる。利兵衛

から徹底した商人教育を受け青年となった吾平は、

暖簾分けを受けて独立することに。子供の時から意中の

人だと思っていたお松(乙羽信子)と結婚する事は許され

ず、利兵衛は姪の千代(山田五十鈴)と無理矢理祝言を

揚げされる。夫婦で苦労を重ね、店を大きくしていく吾平。

しかし、敗戦で何もかも失ってしまう。

 森繁が吾平と、のんきだがアイデアマンの次男・孝平の

二役を公演。前半、苦労して店を立派にして行く吾平と、

後半、戦地から戻って来てバラックから昆布屋を再興する

現代青年の孝平のタイプの違い。そして戦後篇のコミカル

な味は、『わが町』で川島が採用したクロニクルスタイルで

ありながら、商都大阪商人の風俗史にもなっている。クライ

マックス、株式会社浪花屋の本店オープンの日、不気味に

吹き荒れる風は、ラストを予兆させるものであり、川島映画

としては『とんかつ一代』のオープニングなどにも継承され

ていくイコンでもある。

佐藤利明(娯楽映画研究)※転載させていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »