« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

健さん大会③は8/26「八甲田山」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

往年の名女優・山田五十鈴 追悼

山田五十鈴が95歳で先日亡くなった。6月に追悼映

画会を開催した新藤兼人監督が100歳。この二人も

新藤監督が師と仰ぐ溝口健二を介して若い頃に関連

があった。山田は新派劇の俳優の娘としてうまれ、昭

和5年13歳で日活映画デビュー(主演は大河内傳次

郎)。昭和11年溝口健二の『浪花悲歌』『祇園の姉妹

きょうだい』に出演。ことに『祇園の姉妹きょうだい』の当時

として現代風な妹芸者・おもちゃを好演、一躍注目を

集めた。この作品の脚本は依田義賢。当時新藤兼人

は、尾道で刑事をしていた兄の伝手で京都へ出、昭

和10年に兄の知り合いの刑事の紹介で新興キネマ

現像部にフィルム乾燥の雑役の職を得、底冷えのす

る京都の冬に長靴をはいて働き始めていた。そして

撮影所の便所でお落し紙にされていたシナリオの切

れ端を見つけ、映画シナリオの存在を知り、脚本家を

目指し勉強を始める。師・溝口の『祇園の姉妹きょうだい

』は後年、大映で吉村公三郎監督『偽れる盛装』の新

藤の脚本へとオマージュされてゆく。

地震の前の2011年2月にピョン太文庫でも上映した

成瀬巳喜男監督昭和31年・1956年11月公開の

『流れる』、39歳の山田五十鈴はそれはもう最高の存

在感で素晴らしいと想います。7/22、7/29の映画会の

開始前に『流れる』を流します。

3/6無料映画会は高峰秀子・追悼映画・第2回『流れる』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7/29㊐名作映画・無料鑑賞会「健さん大会②」

7/29㊐午後1時30分~3時52分

絵本交流館・ピョン太文庫にぎわい名画座

名作映画・無料鑑賞会

「健さん大会②」

1982年・昭和52年『 海 峡 』

森谷司郎監督、井手俊郎・森谷司郎 脚本

出演 高倉健、三浦友和、森繁久彌、吉永

小百合、伊佐山ひろ子、大谷直子、笠智衆、

大滝秀治、小林稔侍、他

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7/22㊐名作映画・無料鑑賞会

7/22㊐午後1時30分~3時42分

絵本交流館・ピョン太文庫「にぎわい名画座」

名作映画・無料鑑賞会

「健さん大会①」

1981年・昭和56年・降旗康男監督・倉本聰 脚本

『駅 STATION』賠償千恵子、いしだあゆ

み、烏丸せつこ、古手川祐子、田中邦衛、

宇崎竜童、小林稔侍、小松政夫、大滝秀治

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月15日~ピョン太文庫「名作映画・無料鑑賞会」

絵本交流館・ピョン太文庫

「にぎわい名画座」

名作映画・無料鑑賞会

7/15㊐午後1時30分~3時36分

2011年三池崇史監督

カンヌ国際映画祭コンペ部門出品作品

『一いちめい命』原作は滝口康彦「異聞浪人記」

市川海老蔵、瑛太、満島ひかり若手演技

陣が渋い演技に挑戦、役所広司、竹中直人

などが脇を固めた見応えのある作品になって

います。この作品は、1962年に社会派監督

の小林正樹が松竹で仲代達矢、石浜 朗、

岩下志麻らを配して映画化、1963年のカンヌ

国際映画祭で審査員特別賞を受賞した作品

のリメイク。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »