« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

吉田神社のお祭りだ「ワッショイ神輿をつくります!!」

10月13日㊏・14日㊐の

吉田神社秋季例大祭のお祭りに!!!

「体験の風をおこそう」運動・子どもゆめ基金助成

 活動(独立行政法人 国立青少年教育機構 

 子どもゆめ基金)

〝おみこしワッショイ!!まちの

 お祭りづくりでつながる地域の輪〟

絵本交流館・ピョン太文庫で、筑波大学芸術系の学

生たちを講師に、みんなで地域のお祭りを考えて、

自分たちのお神輿や屋台をつくります!!

10月6日(土)午前10時・集合(昼食付)

参加無料(昼食の都合がありますのでお申し

込みをお願いします。絵本交流館・ピョン太

文庫事務局の電話029-221-3951新井まで)

募集チラシはこちらからご覧ください→「1.pdf」をダウンロード

参加したい方は、小学生、中高生、親子、大人、な

ど自由な参加を受け付けます。連続参加に限らず、

部分の参加でもOKです。

★参加のお子さんには最終日に助成団体より

「子ども体験遊びリンピック」神輿づくり・

屋台づくり・担ぎ手の3部門に対して

金・銀・銅メダル、賞状が授与されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9/20発行・朝日新聞東部販売所・地域情報紙

朝日新聞東部販売所・地域情報紙9/20号用

8002

↑昭和8年・戦災で焼失前の浜田小学校正門付近

(県道北側より)昭和8年度の卒業アルバムより

「浜田小のコミュニティ・ルームだより」

 浜田小学校にコミュニティ・ルームがオープンした

のは、校舎の耐震化工事が竣工した平成22年の

9月でした。校舎1階の西側空き教室を利用した

第1、第2コミュニティ・ルーム、それに和室、倉庫室

、小会議もできる管理室まであります。

昨年3月の大地震の際には、学校周辺の皆さんの

避難場所として浜田小のコミュニティ・ルームが重要

な役割を果たしました。喜ぶべきことではありません

が、暖房の効いた快適な避難所としての価値が早速

生まれました。

 浜田小学校が文科省の「コミュニティ・スクール」

指定校になてから6年、地域の皆さんの学校への

協力体制が整ってきて、子どもたちの学校生活に少

しずつ行き届くようになってきています。自治会・社会

福祉協議会の皆さん、商店街の皆さん、地域ボラン

ィアの皆さんなど書ききれないほど多くの方々が様々

な角度から小学校に関わりつつあります。これまで

コミュニティ・ルームを使って浜田の子どもたちに行わ

れてきたことには、茨城生物の会との協働による「常

照寺のほたるレンジャー活動」(水戸市わくわくプロジ

ェクト対象事業)、筑波大学大学院芸術系・蓮見研究

による「食育イベント・」が5回(絵本交流館・ピョン太

文庫)、大地震被災地対象の人形劇や紙工作教室・3

(水戸こどもの劇場)、そして昨年の9月からの芸大

・筑波大・千葉大・茨大の大学院生などによる、子ども

たちが自分の力で創る「放課後の学校クラブ」(放課後

の学校クラブ実行委員会・毎週日曜午後開催)など、

これまでの浜田小にはみられなかった先端的な英知・

子ども目線の若い感性の結集といった貴重な機会を

子どもたちに提供できています。また昨年の夏休みか

らは、水戸市の「放課後子ども教室」事業のプログラム

の一つとして開放学級の子どもたち(約60名)を対象と

して、宿題の手伝いをしたりボール遊びを教える学習・ス

ポーツ支援や映画会の開催もできるようになりました。

地域の皆様もぜひご注目・ご協力をお願いいたします。

また本町3丁目の絵本交流館・ピョン太文庫では独立

行政法・国立青少年教育振興機構「子どもゆめ基金」

より助成を受け、放課後の学校クラブ実行委員会との

共催で、吉田神社の例大祭の合わせ10月1314日に

「体験の風をおこそう運動・おみこしワッショイ!まちの

お祭りづくりつながる地域の輪」を行います。

(浜田小コミュニティ・ルーム運営委員会:サラダ館水戸

本町店・ピョン太文庫事務局 新井 均)

8003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

健さん大会・第6回・「夜叉」

このところ連続でNHKのプロフェッショナルで取り上

げられている高倉健。もっともなるほどと思わされた

彼の言葉は、「自分がやくざ映画をやれたのは、自分

の育った故郷が福岡の筑豊で、盆踊りがあった翌朝

には筵をかけられた死体が道端によく転がっていた。

(殺し合いも日常の様な土地柄だったから)そういう場

面を思い出して演技をした・・・」と。私も55年ぐらい前

でしょうか、今はとうになくなってしまった近所の3本立

て・〝臭いのする〟映画館で、高倉健の喜劇映画を

見た記憶が残っています。成人した頃には新宿の

オールナイトでみた「唐獅子牡丹」や「網走番外地」、

長ドスを握って硬直してしまった指を一本一本・・・痺

れましたね、驚きでしたね、田舎者には。それに電車

が動くまで時間を潰したジャズ喫茶。これはわりあい

新しい映画「エンドレスワルツ」にも通じて行きますが。

絵本交流館・ピョン太文庫「にぎわい名画座」

名作映画・無料鑑賞会 9/16・pm13:30

第6回健さん大会1985年降旗康男監督『夜叉』

出演・高倉健、ビートたけし、田中裕子、

いしだあゆみ、田中邦衛、乙羽信子、

小林稔侍、他(128分)

第7回健さん大会1999年降旗康男監督

浅田次郎原作『鉄道員ぽっぽや』

出演・高倉健、小林稔侍、大竹しのぶ、広末涼子、

志村けん、他 (114分)

高倉健の映画には、雪の風景がよく似合います・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »