« 朝日新聞茨城版 | トップページ | 「にぎわい名画座」4/7からの上映メニュー決定 »

2/20朝日新聞東部販売・地域情報紙掲載

2/17記 本日の大島渚・追悼映画会

、寒風の中27名の大入りでした。

募金計3630円ありがとうございました。

「昭和30年・下市本町の映画館とピョン太のにぎわい名画座」

 戦後10年目の昭和30年、マンボズボン・ポロシャツ・ポニー

テールが流行してトランジスタラジオ・電気釜が売り出された。

月にはトヨペット・クラウンが発表され4月には現在のTBSテレ

ビが開局、5月には天皇陛下が戦後初めて大相撲を観戦、6月

には1円アルミ貨の発行と続き、家電屋さんの店先には夕方か

ら夜にかけて、プロレスや相撲をテレビで一目みようとする人々

で溢れはじめていた。我が下市でも子どもたちは、近所でいち

早くテレビが買えた裕福な家を目当てに、夜な夜な「テレビみー

せて!」と夕食時でもお構いなしに居間に上がり込んだ。そして

「名犬ラッシー」や「ララミー牧場」などのテレビ番組を通して知ら

ないうちにアメリカ文化に自然に魅せられていった。それは今に

して思えば実に周到な米国の日本占領政策の結果でもあった

のだ。(江藤 淳著・『閉された言語空間―占領軍の検閲と戦後

日本 (文春文庫)』)

 ただその一方では南太平洋ビキニ環礁で続く米国の水爆実験、

太平戦争の数万に及ぶ遺骨の帰還や生存日本兵の帰国が続

き、下市でもその当時広島の原爆写真展などが開かれており、ま

だまだ戦後は終わっていたかった。

 また昭和30年頃の本町通りでは、パチンコ屋の店先から島倉

千代「この世の花」や菅原都々子「月がとっても青いから」、春

日八郎「別れの一本杉」などの流行歌が聞こえてきて、本三町目

にはシネマ(現本町2-4-12)、本四町目には国文館(現本町2-3)、

本五町目には栄楽館(現本町3-3-10)と三館もの映画館があった。

封切ではなく2本立・3本立で、入場料は子供15円・大人30円?。

当時子供だけの映画は学校から禁止されていたが平気なもので

、「宇都井健のスーパージャイアンツ(S32~34)」などが掛ろう日

曜には、近所の悪童たちが誘い合い小柄な子は就学前と偽り入

場パスで開演前に席をとり、オープニングのジーっというベル音に

胸ふくらませた。また大入り満員で立っても座っても居られない時

は子供たちは舞台の上まで上ってしまい、スクリーンに影が写って

大人から降ろされたこともしばしばであった。3本立の映画を観終

り外の光の眩しさに目をしかめながら出てくれば、フィクションの世

界から普段に引き戻された落差からくる疲労感と禁忌を犯した後

悔に必ず襲われたが、映画のポスターや独特なタッチの映画看板

の予告にまた誘惑されてしまうのだ。    
昭和30年にテレビ局が3局になり受像機も売れ始めたとはいえ、

娯楽の中心はまだまだ映画、前年の29年には高峰秀子の『二十

の瞳』、反核実験映画『ゴジラ』、黒澤明の『七人の侍』が大ヒット、

30年にはハリウッドでジェームス・ディーンが24歳で交通事故死、

洋画では『エデンの東』、邦画では黒澤の『生きものの記録』、『蜘

蛛巣城』、溝口健二が『楊貴妃』、『新平家物語』を公開した。この

年小津安二郎は28年の『東京物語』後、自らの脚本を田中絹代の

監督に譲った『月は上がりぬ』の五者協定問題に巻き込まれ、延

期を余儀なくされた岸恵子・初起用映画『早春』(昭和31年公開)の

脚本書きに追われていた(この脚本を書いた場所は湘南の「茅ヶ

崎館」で、それまで野田高梧とのコンビで脚本づくりをし、小津の映

画づくりの過程での様々な逸話や伝説を残した常宿であったが、

テレビの流行に押され始めた映画斜陽化のためか、以後の作品

づくりは野田の蓼科の別荘で行われた)。

昭和6年生まれの高倉健は昭和30年明大商学部出の24歳、福岡

県の実家から美空ひばりらの所属する新芸プロのマネージャーを

指し上京。面接の喫茶店に偶然居合わせた東映東京撮影所長

マキノ光雄にその場でスカウトされ、翌年東映第2期ニューフェース

で俳優デビュー。演技の経験もなく、望まず俳優になった彼は、化粧

た自分の顔を鏡で見て情けなさに涙を流したそうだ。38歳の時に

『人生劇場 飛車角』で任侠路線に乗ることになる。

高倉より一つ若い大島渚は岡山で生まれ、6歳の時に農林省水産

験場長の父を亡くし母の実家のある京都で育った。京都大学法

学部へ進み、劇団「創造座」を創設主催し府学連委員長も務めた。

学者を目指したが昭和29年に松竹へ入り、34年には早くも『愛と

望の街』で監督デビューし、日本ヌーベルヴァーグの先鞭から

世界の大島へと飛躍した。

↓「東京物語」撮影現場、左から2人目・原節子、最右が小津監督

 (ウィキペディアより転載)

Tokyomonogatari_2

|

« 朝日新聞茨城版 | トップページ | 「にぎわい名画座」4/7からの上映メニュー決定 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056869/49507806

この記事へのトラックバック一覧です: 2/20朝日新聞東部販売・地域情報紙掲載:

« 朝日新聞茨城版 | トップページ | 「にぎわい名画座」4/7からの上映メニュー決定 »