心と体

敬老の日・映画「老親」を観る

9月15日衛星放送で、槙坪夛鶴子監督「老親」(原作・門野晴子)をみる。

われわれの「にぎわい名画座」でも、ぜひ皆さんに観てほしい映画だっ

たので、DVDを探したが、製作委員会方式でつくられた映画でDVDは

発売されていなかった。

中学男子と小学女子・二人の母親が主人公。自分の父親は江戸切子

の職人で、癌で闘病中。老父を看病する老母は、長女(主人公)に嫁い

びりの姑を重ね見、娘を虐待してトラウマを与えたが、気が強くそれを

感じている様子はない。夫と子供を家において、実父の看病を実母とし

ているところへ、夫から斑鳩の里にいる夫の母が倒れたので様子を見

に行ってくれと電話。大阪に妹たちが嫁いでいるのに、東京からわざわ

ざ実父看病中の自分が行かなければならないのかと言ってみたところ

で、渋々行かざるを得ない。その背中を押したのは、他ならぬ闘病中の

実父の言葉「私のことは今すぐどうという事でもない、おまえは長男の

嫁なのだから」。

斑鳩の里には77歳の足元の危ない義父も健在で、間もなく義母が亡く

なり、夫の実家で義父との悪戦苦闘が始まる。この京女ならぬ奈良男

の義父を、東(あずま)男ならぬ江戸っ子主婦が、東京から呼び寄せた

子どもたちを育てながら、在宅介護するおはなし。しかも、子供たちが

やがて大きくなり親の手を離れるようになった時、親の介護を嫁に押し

つけて顧みようとしなかった会社人間の夫と別れ、東京に戻って自立し

ようとする。収入の道は、それまでさんざん苦労した老親介護体験記の

執筆。

離婚!これで自分は老親介護から解放され自由になったと思いきや、

そこへまた、大阪の夫の妹のところへたらい回しされた義父が逃げ込

んできて同居してしまう。

自分の目的をみつけ、社会福祉士を目指すようになった娘と、なぜか

古い因習の残る斑鳩の里を捨て元気に若返ってきた義父との生活の

中で、主人公は肩の力が抜けて、在宅介護(老人と暮らす生活)の達人

になってゆく。それを支える必要条件は、高齢者の適度な健康です。

義母、実父、義父、実母、と看護、介護と看取り続ける主婦・介護者の

日常の中での落とし穴は、介護するものがお年寄りを支配してしまうこ

と。お年寄りの方は、面倒を見てもらうのだから仕方がない、ほとんど

ギブアップのお任せします状態、逆らえません。もし逆らっているように

見えても、それは体が不自由で動かないから。家族の介護の中では、

その時々を、突き放して客観的に見ることがなかなかできません。だっ

てくっついていなければ、普段の距離感を最短にしなければ腰痛が襲

ってくるからです。他人任せにできなかった介護には、正解はないので

すね。むしろ、その時、その場で、それなりの情報に裏打ちされた介護

が最善手と信ずる他はありません。これは老親介護の経験者である

私個人への慰めになってしまうのかなあ。

この映画の後半で、福祉士を目指す娘が施設で介護していたお婆さん

が元気になって、逆に自分を介護していた息子の車椅子を押している

シーンが出てきます・・・笑えないのですネー。

おばあちゃんの孫育ち Book おばあちゃんの孫育ち

著者:門野 晴子
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピョン太文庫の蔵書「三本肢の子犬」加藤千枝・R.A.作

ピョン太文庫の寄贈本・蔵書の中から「三本肢の子犬」加藤千枝・R.A..作

水戸出身で、小さい頃からだの具合が悪く入院がちだった彼女の体験

が、「三本肢の子犬」のお話を生みました。

そのお話を読んでいると、自分の心のすみっこか澱の中に必ず

見つけられる、日々の中で事もなく過ぎてゆく何気ない残酷さ、

後ろめたい憶えにハッと気づずかされます。その瞬間を、お話の

中の子どもやお年寄りのやさしさが、それもまたアッという間に

洗い流して癒してくれるようです。ペットブームのこの頃、皆さんに

読んでいただきたい本ですね。

加藤さんの出版のことは、NHK教育テレビ・夜8時からの「きらっと生き

る(ピープル・ピープル)」なかで紹介されて、そちらのホームページでもご覧ください。

三本肢の子犬 Book 三本肢の子犬

著者:加藤 千枝・R.A.
販売元:文芸社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絵本「ねむたくなった」J・ハワード作

絵本「ねむたくなった」ジェーン・ハワード作 リン・チェリー絵 角野栄子訳

おふとんのなかで目がトロ~ンとしていく時ってしあわせ!

そんな幸せタイムを味わえる本です。

かごの中で、鳥の巣で、沼地で、木のうえで・・・どこでもOK。

立ったままで、木にぶら下がって、枝の上で・・・それでもOK。

でも氷の上や水の中はやめようかな。

なんたってあたしのベッド、あたしのもうふ、あたしのまくらが最高! 

おやすみモードにならないお子さんに読んであげるのにぴったりの絵本です。

心配なのはお母さんも寝ちゃうこと・・・です。

Book ねむたくなった (あかねせかいの本)

著者:リン チェリー,ジェーン・R. ハワード
販売元:あかね書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かえっこバザール10/13(休)やるよ!

10月13日休日:午前11時~午後3時ごろまでピョン太文庫で「かえっこバザール」やります。オープン時間に変更ある時はまた後ほどお知らせします。

参加した子供たちが運営する催しです。いらなくなったおもちゃをもってきて、ポイントをもらおう。いらないおもちゃがないときは、会場のお手伝いをしてポイントをもらっちゃおう。

そのポイントで「かえっこ」ができるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9/7 にぎわい名画座 再開しました

訂正-9/4野外映画は9/6の間違いです。

8月の間お休みしていた「ピョン太文庫にぎわい名画座」が、今日から再開しました。

1本目:小津安二郎監督の昭和10年「東京の宿」、それまでの無声映画から初めて音楽が入ったサイレント・サウンド作品です。昨晩のチャップリンの「モダン・タイムス」昭和6年もサイレント・サウンドの作品でした。日本で初めてトーキー作品が製作されたのが昭和6年だそうですから、小津監督もチャップリンと同じようにサイレンと映画にこだわっていたのでしょうか。

2本目:小津監督、昭和11年の初トーキー作品「一人息子」。とても悲しいようで、おかしいようで、昭和前期の不景気でキナ臭い時代の庶民の姿が、人間味豊かに描かれています。

監督自身もやがて出征、軍国主義の風が次第に吹いてくるときに、小津監督の人間愛、家族愛に執着するテーマが描かれた2作です。

「にぎわい名画座・入場無料」に参加された方には、会員登録をすれば、小津安二郎、溝口健二、黒澤明監督の作品の当文庫所有・DVDを無料で貸し出しています。次回、名画座は9/21「雨月物語」昭和30年、溝口健二作品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2年ぶりに「ピョン太文庫通信vol.3」発行しました

本日、18年11月以来2年ぶりに、「ピョン太文庫通信第3号」発行しました。

ご覧になりたい方は、本町3丁目商店街にあるピョン太文庫、おもちゃの

いしざき、サラダ館水戸本町店、リサイクルショップ和泉屋に置いてありま

す。今回、表面(裏面は10/13のかえっこバザールとパソコンサロンの広 

報です)のみでよろしければ、メールに添付して配信します。事務局へ

配信希望のメールをお願いします。アドレスはwarai@mica.dti.ne.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カムイ伝全集揃っています

ピョン太文庫には「カムイ伝・第1部」全15巻、そろっています。

「カムイ伝全集第2部」全11巻も間もなく到着します。「カムイ(外伝)全集」11巻は近々揃えます。もしお持ちの方おいででしたら、お安くお譲りください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「水浜電車」の本 探しています

2-3年前に出版された「水浜電車」新書版の本を探しています

浜田小の4年生の子供たちが、「水浜電車」の事を調べています。多分2

003年に刊行された本だと思いますが、茨大か常磐大の先生の著書で、

表紙に電車・ブルーのカラー印刷、本町3丁目・旧五町目がよく写って

いました。アマゾンや図書館や書店を探しても見つかりません。ご存知

の方は221-3951あらいまでご連絡ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月、10月の「にぎわい名画座」メニュー

9月-10月の「にぎわい名画座」メニュー<入場無料>

100インチスクリーン・サラウンド5スピーカー

第1・第3日曜日 午後1時30分から文庫にて

第27回 9月7日(日)小津安二郎監督2本立て

     昭和10年「東京の宿」サイレント・サウンド作品・岡田嘉子、坂    

     本 武、突貫小僧

     昭和11年小津監督はじめてのトーキー作品「一人息子」飯田  

     蝶子

第28回 9月21日 昭和28年・溝口健二監督「雨月物語」京マチ子、 

              田中絹代、森雅之、小沢栄太郎、水戸光子

第29回 10月5日 昭和17年・小津安二郎監督「父ありき」笠智衆、

                  佐野周二、水戸光子、佐分利信

第30回 10月19日 昭和30年・溝口健二監督「新平家物語」市川雷 

               蔵、久我美子、小暮実千代、中村玉緒

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9/28「温故知新で歩く会」

9/28「温故知新で歩く会」開催します。

ルートは、ピョン太文庫-常照寺-薬王院-別春館-吉田神社-備

前掘-文庫(歴史にそったテキストつくります、下市について、少しお話

のできるようになりたい、郷土の話題を持ちたい方への第1回目です。2

回目は11月の初めを予定しています。)

お問い合わせは、ピョン太文庫・事務局 電話221-3951あらい・サラダ

館水戸本町店までどうぞ★脚力に自信のない方や、お体の不自由な

方には、セニアカー・電動スクーターの用意もございます。 

参加料は保険代・おにぎり代で、500円。午前9時30分集合になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)